カテゴリ:旅行( 27 )


2012年 10月 26日

茅ヶ崎に背を向けて〜横浜へ

小さな湘南観光大使とお別れして〜
横浜へと向かいました。
桜木町〜関内までおしゃべりしながら歩きました。
夕方からでしたので日が暮れるのが早くステキな夜景を見ることができて
これまたラッキーでした。
f0096155_2310967.jpg

ブレブレですがな。古いデジカメだと夜景はこんなもんか。
マリンルージュが通り過ぎるのもチラッと見る事ができました。うふっ。
f0096155_23141130.jpg

サザンのライブもあった赤レンガ倉庫の前も通りました。
横浜ってどの場所も絵になるのね。ステキな場所はかりでうっとり。
そして尽きないおしゃべりであっと言う間に関内へ。
途中お仕事中の美和ちゃんのダーリンが登場してくれてご挨拶。
とってもステキな方でお話ししてみて私の思い描いていた人でした。

夕ご飯は、桑田さんの奥様である原由子さんのご実家の「天吉」という天婦羅やさんで。
昔っから桑田さんがよくラジオとかで青学時代には原さんの実家の天婦羅やさんでご飯食わしてもらいました。って言ってたの。
関内の駅にあるって事しかしらなくって。名前もたぶん天吉であってたような?
そんな曖昧な記憶のまま「入ってみようか〜」って感じで入ったのですが。
大当たりでした。
そしてお味も大当たりでした〜。
f0096155_23244866.jpg

かき揚げ定食です。
粉より玉子の分量の方が多いふわふわの生地のかき揚げで、見た目すっごいボリュームでしたが
ペロっと食べれました。お近くの方はぜひ!
f0096155_23272286.jpg


この後は近くの居酒屋へ。
入った時店員さんへ美和ちゃんが「静かな席をお願いします」って言ったんだけど
ちょっと笑いそうになった私。だってすっごいコテコテの居酒屋で静かな場所なんてないでしょ。
って感じだったから。
でもちょっと奥の仕切られた場所に通してもらいましたけど。
そのお店の中では一番静かな場所でした。
そこでまたゆっくりとお話できました。

この日一日で私神奈川県大好き人間になりました。
住むなら湘南地方!遊ぶなら横浜!
また近いうちに絶対I'll be back

関内の駅でのお別れはとっても切なかったよ〜。
また自然と涙が・・・HUGしてお別れしてホテルに向かう道。涙が頬を伝いました。

本当にステキな一日をありがとう!
美和ちゃん!あーく!また会う日まで!
[PR]

by xminminx | 2012-10-26 23:47 | 旅行
2012年 10月 21日

ついに行って来ました。

ブログでのお付き合いが始まって7年。
とうとうこの日がやってきました。
本当は2009年に会えるはず!だったのですが。
会いたくて会いたくてのその方は
「湘南発☆韓流生活」のmiwaちゃんです。
旅に出る日必ずと言っていいほどやる「朝寝坊」この日もやっちまいました。
6時ジャストの新幹線のぞみに乗るので4時半には起床して・・・・なんて予定していたのに
なんと目が覚めると5時ではありませんかー!私のぎゃ〜!の雄叫びにぶったまげたググは2階へ上がってしまったほど。
もう頭真っ白で歯をみがきながら荷物を詰め込んで家をでたのが5時10分。岡山駅までF1レーサー並(内緒ですが)にぶっ飛ばし到着したのが5時45分。間に合いました。乗ってしまえばもう大丈夫。旅の始まりです。
twitterで実況中継しながらあっと言う間に新横浜到着です〜。

待ち合わせは湘南のとある駅。(個人情報ですからね)
柴犬のあーくが目印と言われたけど、階段を降りた瞬間私の眼には迷う事無く二人(笑)の姿が!
抱き合ってHug!
もう知らない間に涙が頬を伝ってました。
彼女の愛犬「あーく」の闘病中、そして私のミックの闘病中二人は励まし合いながらメールや電話で連絡を取り合ってました。
ご対面の瞬間、数十秒の間に走馬灯のように色んな場面が浮かんできたのです。
感動の対面の後は私の大好きなサザンの歌詞に出て来る数々の湘南観光です。
観光大使に任命された「あーく」が案内してくれま〜す。

f0096155_2027294.jpg

 デビュー曲の「勝手にシンドバッド」は今でも私の一番です。
歌詞の江の島が見えて来た〜の江の島は外せないね〜
俺の家も近い〜♫って言うけどどこなの?とバカな質問はしませんでしたが。
サザンがデビューしたのが私が13歳の時。そして15歳の春休み実は私はここに来ていたのです。
そして今回が2度目。
今回は江ノ島観光もやっちゃいました。
f0096155_2036161.jpg
江の島に来たからには食べなきゃダメとまでは言われなかったけど。あさひやさんのいいだこをプレスしたせんべい。
うまうま〜でも突風が吹いていたのでせっかくのせんべいが飛んでしまわないように必死でたべました。美味しかった〜!
江ノ島を堪能した後はサザンビーチへもともとは茅ヶ崎海水浴場だったのね。
あの「I AM YOUR SINGER」のジャケット写真にもなった[C]のモニュメントも見たぞ〜

f0096155_20475396.jpg

観光大使を抱かせてもらい写真撮影です。あーくったら小さいから軽いよ〜
f0096155_20495422.jpg

もうやけくそで顔出しです。見苦しいですがお許しください〜
f0096155_20515443.jpg

富士山もこんなに綺麗に見えました。
実は関東は前日まで雨。当日も午前中はお天気よくないよ〜。って言われてましたが
私は全くひるんでおりませんでした。私晴れの国岡山の晴れ女ですから〜。
f0096155_2054297.jpg

「希望の轍」や「チャコの海岸物語」にも出て来る烏帽子岩もちゃっかり見たし。うふっ。
最高に気分いいわ〜。

その他にも「愛の言霊」に出て来る由比ケ浜、稲村ジェーンで有名な稲村ケ崎もドライブしました。
でも桑田さんってすごいわよね。
地方の「浜」「崎」「海岸」「島」を全国区で知らしめるんだから。

ランチは「サザンビーチカフェ」にて
2種類のパスタを一緒にいただきました。
一つは名物しらすがたっぷりのった「釜揚げしらすのペペロンチーノ」
f0096155_2173797.jpg


もう一つは「たっぷり野菜のアラビアータ」
f0096155_218352.jpg


どっちも美味しかったですよ〜。

続きはまたあとで。
[PR]

by xminminx | 2012-10-21 21:11 | 旅行
2012年 02月 18日

韓国旅行  仁寺洞〜山村でランチ

数年前から行って見たかった仁寺洞にある山村
人工調味料は一切使わない、韓定食を味わえる場所です。
寺刹式は五辛菜を使わないのですが山村では使っているそうです。

五辛菜とは、ニンンクやネギ、ヒメニラ、ニラ、ツルバなど、5種類の刺激的な味の野菜で、
仏家ではこれらを食べると修行の邪魔になるとされました。

f0096155_21223747.jpg

中はこんな感じ。
f0096155_2128266.jpg

ちょっと派手なお寺のような。
f0096155_21294242.jpg

オープンと同時に入ったので貸し切り状態でした〜。
f0096155_21331413.jpg

かぼちゃの粥と水キムチ
f0096155_21355375.jpg


f0096155_21372055.jpg

f0096155_21374177.jpg

またまた「葉っぱばっかり食べさせられた〜」と言われちまった。
そして最後に
f0096155_21393487.jpg

旅の最後はこんな料理がとってもいいと思います。
旅行に出るとあれもこれもと無理して食べてる事が多いので・・・

山村
서울 종로구 관훈동 14
ソウル鍾路区グァンフン洞14
営業時間 11:30 ~ 22:00 (伝統ショーは20:00頃から)
電話番号 02-735-0312

お昼の山村定食 22000ウォン 日本円で1500円くらいですね。
夜は伝統ショーがついて39600ウォンです。
同じメニューなのでお昼定食をおすすめします〜。
やっぱり韓国に来たら仁寺洞、三清洞。ここが一番好きな場所です。
いつか韓屋に宿泊してみたいな〜。

f0096155_21438100.jpg


おまけ〜

平日の朝だったので人気のない清渓川です。
[PR]

by xminminx | 2012-02-18 21:51 | 旅行
2012年 02月 18日

韓国旅行 つづき  雨の夜

もう午後の事なんて忘れたので肝心な晩ごはんへいっちゃいます。

ボンウファロ場所は新論峴(シンノンヒョン)

ソウル市江南区駅三1洞619−14
02−558−8452

ここへもタクシーで行きましたがやっぱり迷った←運転手さんがよ。
f0096155_20445216.jpg
f0096155_20442952.jpg
f0096155_20441613.jpg

今では結構有名になった「サンボンファロクイ」にちょっと似てるかもしれませんね。
まあ、こんなもんかって感じでしたが。
サンボンファロクイも最初に行ったのが8年くらい前だったと思うんだけど。
美味しかった。冷麺も感動したわ。
また新規開拓しなくっちゃ!

店に入る前から小雨だったんだけど食事が終わって店の外に出ると雨が結構降っててタクシー拾うのに
大通りに出たんだけどタクシー待ちの人だらけ。
ねばったけどタクシーつかまらず。
江南駅から地下鉄に乗りました〜。

f0096155_20581492.jpg
f0096155_20575735.jpg
f0096155_2057435.jpg


ロッテホテルのイルミネーションです。
これっていつまでやってるんでしょうね。
去年も2月だけど光ってたよ。たぶん。
[PR]

by xminminx | 2012-02-18 21:03 | 旅行
2012年 02月 06日

韓国旅行 2日目 つづき

さてお昼ご飯ですが

去年大失敗をやらかして行くことができなかった場所へ向かいました。
去年の大失態は「運動場』間違い。
私にとって運動場とは東大門なんだよね〜。
長年「東大門運動場」の地下鉄駅の名前が頭にインプットされてたから
去年はここでこのお店を探した探した。
あるわけないよね。
でも寒かったから今年は
タクシーで行っちゃいました。
地下鉄で行った方が早かったかも〜って言うくらい運転手さん迷ってましたが
念願のお店に無事到着!

f0096155_2181121.jpg

산채마루(サンチェマル)
松坡区蚕室洞(ソンパク チャムシルドン)195-3
02-412-3993
f0096155_21154222.jpg

2008年に出版された著 ホ・スンホさんのこの本に載ってます。
この本いいですよ〜。ご本人にも色々ブログのコメント欄で教えていただいたりして〜。
サンチェマルですが人気メニューはサンチェ(山菜)定食とポソッ(キノコ)定食です。
きのこ定食にはポソッタンス(揚げしいたけの甘酢あんかけ)がつきます。
私たちはポソッタンス付きのきのこ定食をオーダーしました。
f0096155_21265690.jpg

f0096155_21272691.jpg

ポソッタンス美味しいですよ〜。
f0096155_21282267.jpg

ごぼう、もやし、チナムル、ほうれんそう、大根、ニラ、うり等の山菜ナムル。
f0096155_21313256.jpg

山菜をごはんの上にのっけてビビンするのよね。

サンチェマルおすすめです。
ちょっと遠いけど行く価値ありですよ〜。

つづく
[PR]

by xminminx | 2012-02-06 21:36 | 旅行
2012年 02月 05日

韓国旅行 2日目

さて2日目ですが・・・
いつもなら韓国チックに胃腸全開ならユッケジャンなんかを朝食に食べたり
そうでない時でもあわび粥なんて食べてるはずなのに
前夜の夕飯というか深夜の食事はかなりヘビーでありまして
全く食欲ありませんでした。
まあ、コーヒーだけでも飲んでからスタート!と思って
f0096155_22551983.jpg

韓国読みするとエンジェリノスコピですね。
明洞店でコーヒーだけでも〜っと思ったのですが。
f0096155_22584722.jpg

注文したのはこれじゃ!
別腹なのよね。女子(とあえて言います)には別腹があるのよね。
お粥は無理でもワッフルはいけます。韓国の生クリームは超軽いのです。と言う事にしといてください。
韓国のコーヒーで美味しいの飲んだことないんですけど・・・
このお店も何度か来たけど、アメリカーノも他のも全部お湯で薄めたコーヒー色の飲み物です。
アックジョンとかのカフェでも高いだけで同じような気が・・・

では参りましょうか。

私の大好きな三清洞、仁寺洞からスタートです。
f0096155_23142031.jpg

李 舜臣将軍と
f0096155_23163565.jpg

世宗大王にご挨拶をして〜。

f0096155_2322217.jpg


f0096155_23213630.jpg


f0096155_23223995.jpg

ディスプレイが素敵です。

今回どうしても行きたかったお店へ到着。
f0096155_001387.jpg

쌈지길(サムジキル)の一階にある古誾斎(コウンジェ)ヘ。
韓方やハーブなど100%天然素材のみを使用した手づくり石けんのお店なんです。
「長く香る家」という意味を持つ店。
f0096155_23351673.jpg

以前は「手手軒」(ススホン)って店名だったけど変わったんですよね。
f0096155_23364532.jpg

f0096155_2337192.jpg

f0096155_23375293.jpg
f0096155_233737100.jpg

お土産No.1はマッコリ石鹸だそうです。
店ごと持って帰りたい!
名残惜しいけど石鹸買い込んだ後は
f0096155_23454183.jpg

李陶へ。
しかし欲しかったトッペギはSOLD OUT!
寂しくお店をあとにしました。

つづく
[PR]

by xminminx | 2012-02-05 23:47 | 旅行
2012年 01月 23日

2012年 韓国 1日目 チョゲクイ♫

実は私お昼ご飯(と言ってもすでに夕方でしたが)が終わった後明洞に戻って
ひとりアートメイクして来ました。3D自然眉アートなんだけどそれやっちゃいました。
これ毎朝鏡に向かうとまるで化粧したみたいな顔になってる。
元々アイシャドウとか色物を使わないので眉があればメイクしたように見えるんだわ。
超楽チンですの。

その後友達と合流して明洞でちょっとお買い物。
ホテルに荷物を置いて東大門へ〜。
ここでもちょっとお買い物していよいよ晩ご飯です。
このとき既に真夜中よ。
日本にいる時はこんな時間は寝てます。そんな時間だったと思います〜。

東大門から江南区 論峴洞 までタクシーで移動。
行ったさきは갯벌의 진주ケッポレチンジュ
チョゲクイ(貝焼き)のお店ですの。
↓サイドテーブルに味付けされた貝類が運ばれました。
f0096155_2349159.jpg

↓これサイドテーブル替わりね。
f0096155_2350153.jpg

f0096155_23515822.jpg

網の下にはアルミホイルに包まれたさつまいもも待機しておりますの。
蛤、あさり、ほたて、えび、牡蠣・・・色々と貝づくしです。
f0096155_23545275.jpg

右上にあるのがこれ!
チーズトッポギ。
f0096155_2355566.jpg

カルグッスも注文しましたー。でもこれ超辛かった。
アサリのだし汁と青唐辛子のおかげで超辛い魚介カルグッスなのでした。
f0096155_23592186.jpg

このお店の手作り生マッコリも注文〜!
これ美味しかった。殆どやかん1個分私が飲んでしまいましたの。

そしてもうお腹パンパンでこれ以上無理。と思ったところへ。お店のお兄さん。
網をはずして例のサツマイモを取り出した。
私は「もう無理食べれんわ」って言ったのよ。
f0096155_016079.jpg

でも次の瞬間焼き芋は私のお口の中へ入ってしまったのでした。

お会計は
貝焼きの盛り合わせ2人分 39000ウォン
カルグッス 5000ウォン
マッコリ  5000ウォン
だったと思います。

あまりに真夜中だったので暇だったのかお店の男の子達とっても親切でした。
貝づくしなので途中で飽きてしまう事をのぞけば楽しくわいわい出来るいいお店だと思います。
4、5人で行きたい所ですね〜。

締めくくりにここの名刺がとてもスペシャルな物だったのでお見せしましょう〜。
f0096155_0104873.jpg

このお店の看板にも登場してる子供の写真ね。これはどうでもいいの。
裏よ裏!
f0096155_0123645.jpg

あんた誰じゃ〜!
頂いた名刺の裏はなんとこれ!

こんな摩訶不思議なことする韓国人大好きです!

ソウル市 江南区 論峴洞(ノニョンドン)182−101
서울시 강남구 논현동 182-101
02-544-8892
  17:00〜翌5:00(ラストオーダー)
[PR]

by xminminx | 2012-01-23 00:20 | 旅行
2012年 01月 21日

韓国で充電〜! 2012年1月 1日目

f0096155_21394031.jpg


今年も恒例の充電旅行!(別名食い倒れ旅行とも言います。)
行って参りました〜。

f0096155_2142178.jpg
ホテルは久々の「プレジデンント ホテル」
ロッテホテルのお隣さんです。

部屋は22階 窓からは市庁とスケートリンクが見下ろせます。
そしてプラザホテルも・・・








ではお昼ご飯に出発で〜す。

f0096155_21455713.jpg


강촌쌈밥(カンチョンサンパッ)
ソウル北部、北漢山(プッカンサン)ふもとの静かな住宅街・平倉洞(ピョンチャンドン)にあります。
ホテルからタクシーでぶっとび〜!の予定でしたが運転手さん高齢でなかなか場所がわからず。
何度かお店に電話してやっと辿り着きました。
もうお腹ペコペコですわよ。

でも良いもの見せていただきました。
高台にこれでもか!って言う程の豪邸がたくさんありました。

f0096155_2154222.jpg
f0096155_21524310.jpg


特製釜炊きご飯とゆで肉を有機農葉野菜に包んで食べる、店の看板メニュー。
メインとなる葉野菜とご飯から、おかず、味噌チゲ(テンジャンチゲ)まで。
注文を受けてからご飯を炊き上げるので、15~20分くらい時間がかかります。

これを見ると韓国人は日本人の4倍の野菜を摂取してる。って言うのまんざら嘘ではないようです。
奥の席に一人で来ていた女性客(韓国人)は野菜全部一人で平らげておりました。
彼女が去った後は空になったお皿だけ〜。

f0096155_228544.jpg

この釜炊きごはん。雑穀ごはんでもちもちして美味しかった〜。
f0096155_22132276.jpg


f0096155_22105198.jpg
f0096155_22103570.jpg


ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 平倉洞(ピョンチャンドン) 460-1
서울시 종로구 평창동 460-1
02-395-6467
11:00~21:00(ラストオーダー20:20)
[PR]

by xminminx | 2012-01-21 22:15 | 旅行
2011年 04月 03日

韓国旅行 最終日。

もう連続でいっちゃいますから〜。

最終日。
朝ご飯は
f0096155_12551441.jpg
ホボントースト。
もう既にかじってるし〜。
中にはお野菜がたっぷり入った卵焼きに特製ソースがかかってるです。が、
これは完食は無理でした。
この特製ソースが何とも甘いの。
全く私好みではありませんでした。この↑かじったところでギブアップ。

その後、地下鉄で仁寺洞方面へ・・・・
仁寺洞はさ〜っと流して차마시는 뜰(チャマシヌントゥル)へ。
ここは2度目の訪問です。
f0096155_1325560.jpg

f0096155_134220.jpg

f0096155_1334773.jpg

f0096155_1343962.jpg

ここは本当に居心地のいい場所です。
時間が許すならず〜っと居たい。昼寝もしてみたい。ここに住みたい。
そんな場所です。
お茶もとっても美味しいし・・・
f0096155_136729.jpg

私は五味子茶を友達は柚子茶を。
五味子茶はとっても綺麗な紅色で酸っぱすぎず甘すぎず。絶妙〜!
f0096155_1393316.jpg

f0096155_1385618.jpg

こんなロケーションの中にあるんです。
もともと天井が高めなんだけどテーブルがすっごく低いので余計に天井が高く見えて
圧迫感がないのが居心地のいい空間を作ってるのかな?
最近は雑誌のソウル特集にもよく載ってますよね。
ぜひ!おすすめです。

最後になりましたが・・・・今回ここに行きたかった〜!の一番のお店でお昼ごはんです。
それはパルコンヤン발우공양です。
パルコンヤンは、曹渓寺(チョゲサ)というお寺がプロデュースするレストランで
お寺の精進料理を、現代風にアレンジして食べさせてくれます。
ですから場所も曹渓寺の道路を挟んで真向かいのテンプルステイビルの5階にあります。

私達は予約して行きました。ここも人気のお店で予約必須です!
f0096155_13301587.jpg

↑店内は清潔感ただようって感じ。
それでは説明なしにお料理の数々を・・・
f0096155_13314222.jpg

右の白いのは上から水をかけてくれるの。
そしたらウェットティッシュみたいになるのよ。
f0096155_13325241.jpg

蓮根のお粥
f0096155_13332780.jpg

3色のチヂミ
f0096155_13343559.jpg

戒定慧(かいじょうえ)3種
(オタカラコウの包み寿司、お寺式餃子、蒸し豆腐)
f0096155_13375343.jpg

椎茸の酢豚風炒め物
f0096155_13355662.jpg


f0096155_13385823.jpg

f0096155_13392758.jpg

f0096155_13401236.jpg

f0096155_13403464.jpg

テンジャンと五穀米
f0096155_13411762.jpg


無農薬の野菜、手作りのコチュジャン、厳選された調味料、もちろん化学調味料は一切なし!
精進料理といってもどれも味にメリハリがあり飽きさせません。
美味しくって身体も心も喜びますね。
このお料理でデトックスされたかしら〜。

これで今回の「ソウル特集」は終わりです。
ながながとありがとうございました。

これでまた1年お肉とさよならかしら〜。

来年はベジタリアン旅行にしたいと思ってるminminでした。
[PR]

by xminminx | 2011-04-03 13:48 | 旅行
2011年 04月 03日

忘れてた韓国旅行。つづき・・・

そうそう晩ご飯でしたね。
三清洞の「タンプンナムチプ」です。
タンプンナムチプとは「もみじの木の家」という意味
。お店の周りや中庭にはたくさんの木々が植えられており、まるで山の中のコテージにいるような自然の雰囲気の中、リーズナブルに焼肉を楽しめます。

まあ、今回日がどっぷりと暮れてから行ったので緑の木々など目には入りませんでした。
f0096155_1261255.jpg

↑これが昼間の写真。
焼き肉屋さんには見えませんよね。
f0096155_1272917.jpg

↑チョンギョッ 肩ロース。
f0096155_1294132.jpg

↑ カプリ 豚の背骨部分
f0096155_12104852.jpg

f0096155_12112741.jpg

↑テンジャンチゲ もウマウマでしたよ〜。
f0096155_12311287.jpg


f0096155_12124721.jpg

すっごく地元の人で賑わってました。
私達が出た頃には外に行列ができてましたから〜。

店内もすっごく綺麗で居心地のいい場所でした。
ただ食事中、右隣りの席に韓国人ファミリーがいたのですが
小学生くらいの男の子がず〜っと私達の方を見て「お父さん!本物の日本人?」(もちろん韓国語ですが)
と、なんどもお父さんに質問してました。
お父さんが「そうだよ。」そして私達に「こんにちは。」って綺麗な発音であいさつしてくれました。
その後もその男の子の視線は私達に釘付け〜!
隣りに座ってたお母さんがその子の顔を正面に向けさせてもまた私達の方へ・・・・
何がそんなに彼を夢中にさせたのでしょうか?

そんなこんなでここでも楽しいひとときが過ごせました〜。
[PR]

by xminminx | 2011-04-03 12:41 | 旅行